もっと見る

あれ、ダウンロード違法化の方 最初のリーチサイトの方より短かいな…?

Debian Buster は今年リリース予定ではあるのか。

"PostgreSQL 9.6まではテーブル全体を検索するシーケンシャルスキャンなど一部のスキャンでしかパラレル処理できませんでしたが、PostgreSQL 10からインデックスに対するスキャンもパラレルに処理できるようになリました。" / ntt-tx.co.jp/column/postgresql

9.6だと Seq Scan のみパラレル可能で、10だと Index Scan もパラレル可能っぽい

Full な Seq Scan を二つ同時に実行してJOINしていく感じの実行計画なのか。
時間かかってる方だと Hash Join になってるので一回Full Scanして全件を取得後にJOINする感じになってるけど、
Seq Scan を並列実行だと LIMIT 分取得した後はSeq Scanを止められるので速いと。

神楽坂しえる さんがブースト

@ars42525 正常な鯖のハッシュタグTLクエリの実行計画で使用されている、Parallel Seq Scan は PostgreSQL 9.6 からの機能っぽい

神楽坂しえる さんがブースト

全件: 640672
tag_count name
63221 気象警報注意報
18804 theboss_tech
17214 nsfw
15419 気象情報
13685 mastodon_upgrade_battle
9430 abyss_fun
8740 nowplaying
7293 気象警報
6669 pixiv
6438 quesdon

単純に select count(*) from statuses_tags ? < 全件

PostgreSQLのカーディナリティの取得方法調べてるけど何か面倒そう

・実際にtheboss_techが多い
・レコードが大量削除されたとかでanaryzeが偶然theboss_techの投稿ばっかり見た

PostgreSQL のカーディナリティ見るのどうするんだっけ

タグTLのクエリということは、タグの統計結果によって実行計画変わりそう
/timelines/tag/theboss_tech
が時間かかるというなら、theboss_techの投稿の比率が多すぎてindexで絞る意味ないわってDBが判断してる系とか

全般的にこのダウンロード違法化は音楽・動画の時点で実効力のない法律で、範囲が拡大されても同様 みたいなことが読み取れる。
違法ですって広報出すために法律変えるのやめようよ…。<音楽・動画の時点でそういうやつっぽい

送信可能化権はあくまで著作者が保持しているため、送信可能化の許可不許可を判断する権利は著作者が保持している。
そのためコンテンツの内容からコンテンツが違法にアップロードされた物かどうかを判断することは出来無い。
音楽や映像の場合著作者が企業などである場合が多く、送信可能化は不許可である場合が多いと思われるためよく知られたWebサイトから以外にある音楽映像は違法な物であると推測されるが、絵やTwitterのpostだとどうだろうか。

「ユーザがそのアップロードが違法な物であると確信している」上でそれでもダウンロードする場合の行為を違法化するので、その「違法な物であると確信している状態」であっても違法化に反対する理由は存在するのかみたいな論理立てなんだけど、「違法な物であると確信している状態」が強すぎて反論がしにくい。ついでに映像と音楽は違法化されてるのに他はだめなのなんでやという論理立てなのでこれは厳しい感じが。(映像と音楽の時点でマズかったやつだな…)

「ダウンロード違法化は,ユーザーに対するメッセージ効果が重要であると考えられるところ,」 …… そのために法律変えるの歪んでない?

リーチサイトの方は明らかに著作権侵害目的であるサイトに限定した処理みたいな方向になったっぽくおおむね問題はなさそうという結果(ぐぐるさんはもっと柔軟な対応をして下さい)
次は二章でやっと静止画ダウンロード違法化の話だ

もっと見る
GGTea - Mastodon

ggtea.orgの人のほぼ個人用インスタンスです

サービスの継続性その他は管理人が管理出来る範囲で処理されます(IPv4は動的です)

このサーバは頻繁にmasterへ更新されたり、PullRequestのチェックに使用される場合があります。

IPv4/IPv6のDual-Stack対応インスタンスです。

Stagingサーバとして mdx.ggtea.org があります。